ニキビとメイク

ニキビ大人になると毎日メイクをするのが当たり前になります。ニキビができていてもメイクをすることが必要ですし、逆にメイクをしてニキビを隠そうとする人も多いです。しかし、メイク用品にもオイルが含まれており、ニキビの原因となります。さらに、メイクを落とす際い肌の油分もしっかりと落ちてしまうため、乾燥肌の原因にもなります。そこで、ニキビのある時にはメイクの方法も落とし方も考えることが重要です。

メイク用品でも最近ではニキビ用のものが出ています。こういったアイテムは油分が少なめになっているものや含まれていないもの、さらに落とすのもクレンジングオイルでゴシゴシとしなくても落とせるものや洗顔料のみで落とせるというものも多いです。そういったものを使えば肌への負担が少なくて済むのでニキビができていても肌への負担も少なくメイクができます。

特にクレンジング剤はニキビのある時には極力使わないことが望ましいです。しかし、メイクを落とさず残してしまうこともニキビを増やしてしまう原因となります。そこでクレンジングを使ったらしっかりと化粧水で保湿をして水分を補うことが重要です。そこで、アミノ酸やグリセリン、セラミドといったものが配合されている保湿剤を選ぶと効果的です。