ニキビを原因

ニキビを治すためにはスキンケアが不可欠と言われています。思春期ニキビでも大人ニキビでもできるメカニズムは同じです。毛穴を角質がふさぐことによって皮脂が詰まってしまい、アクネ菌が繁殖して炎症を起こすというのがニキビのできるまでの流れです。そこでこの原因を解決するための対策が必要となってきます。

肌が壊れる皮脂の分泌が盛んになる理由として男性ホルモンの分泌があります。男性ホルモンというのは女性でも分泌するものであり、筋肉や骨を生成するために使われています。大人ニキビはストレスが溜まることでホルモンバランスが乱れてしまい男性ホルモンが分泌される量が増えてしまうのです

この皮脂と同じくニキビの原因となるのが角質ですが、これも男性ホルモンが影響しています。私たちの肌は4週間で生まれ変わっており、肌の奥に生まれた新しい細胞が肌表面に押し上げられ新しい肌へと生まれ変わるという流れがターンオーバーと言われるものです。このターンオーバーが乱れる原因となるのが男性ホルモンの過剰分泌なのです。そこで、男性ホルモンを抑えることも必要であり、なおかつ皮脂の分泌や角質がたまることで起こる乾燥への対策をスキンケアでも行っていくことがニキビケアでは求められます。