乾燥とニキビ

思春期ニキビは顔を洗いしっかりと清潔な状態にすると治ることが多いのですが、大人ニキビの場合にはそれだけでは解決しないことが少なくありません。大人ニキビの原因となるものは複雑であり、人によっても違います。そのため自分に必要なケアを知ることが求められます。

クリーム特に勘違いされていて見落としているのが乾燥対策です。ニキビの原因と言えば、多くの人が肌が脂っぽくなることが原因と考えて洗顔を頻繁に行ったり皮脂の分泌を抑えるためのスキンケア剤を用意したりしがちです。しかし、こういったケアをすることにより、乾燥をしている状態を改善しようと必要以上に皮脂が分泌しているということがあります。

ニキビのできる肌でも保湿をすることが必要です。ただ、保湿の加減が難しく、この加減を考えることが重要です。肌に潤いを与えることで皮脂の分泌を抑えつつ、スキンケア剤に油分が多く含まれるものを使ってしまうと肌に余計な油分が残り皮脂が過剰分泌している状態と同じになってしまいます。そこで、保湿はしつつも余計な油分を与えないよう、クリームや乳液は油分が少なめなものにしたり、肌に残っている油分は拭き取ったりといった工夫をするようにしてみましょう。